MC15 リアキャリア8号機



バーナーを使った鉄パイプの手曲げは終わった。グラブバー形状にしたパイプに、荷台となる12mmφのパイプや
L字型金具を溶接する工程に入る。シートレールに差し込むブラケットも、金鋸で鉄プレートを切ってパーツを揃え
ている。ブラケットの外側の間隔は、162mmでなければならない。プレートを曲げて、仮留め状態ならこの間隔
で調整するのは容易だが、いざ溶接すると熱で変形して寸法が変化してしまう。2mmのズレでアウトだというのに、
溶接での変形は5mm程度に達するのだ。どうにか変形を抑制出来る溶接方法は無いものか・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR