修理完了



目前に迫った北海道帰郷ツーリングで、是非とも使いたいのが無線機である。これがあるのと無いとでは楽しみ方
がまるで違う。無線を使う前には必要性に懐疑的だった友人も、その便利さにコロッと態度を変える程だ。
2台のうち、1台が1年前から故障してそのまま放置してあったので修理してみた。症状はスケルチの作動異常で、
信号を受信してもスケルチが開かない、開いても音声でスケルチがかかってしまうと言うものだ。スケルチ機能が
あるのはFM検波を行うIC、モトローラのMC3361だ。これを交換すればOKだろうと思っていたが、甘かった。
そもそもフラットパッケージのICだから、手ハンダ作業では厳しい。何とか交換したものの、症状は全く改善
されずガックリ。スケルチ回路のノイズ検波部のCRやダイオードを片っ端から交換してもダメ。回路図を見ると、
スケルチ回路へバイアス電圧を与える抵抗があるので取り外してチェック。カラーコードは12[kΩ]なのに、
実測値は25[kΩ]となっていた。そこでジャンクから外した測定済の12[kΩ]を取り付けると、スケルチの動作は
正常になった。その後もIFが発振したりで調整に時間がかかったが、無事に修理は終わった。

購入してから20年近くは経つだろうか、抵抗が変質して不具合が出たのはこれが初めてだった。でも抵抗値の
経年劣化は珍しいことでもないらしい。他にも劣化抵抗があるのではと不安が残る。

まだマイクの風防を1つ作る作業が残っている。2つ揃ったら70[km/h]位までは風切音をカットして通話が
可能になるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR