バッテリー溶接のパワー





ブラケットの内側に細長くカットした鉄片を溶接する。この補強のおかげで強度は数倍上がる。最初の溶接では
ビードが肉団子のようにくっついて、実にみっともない有様であった。バワー不足は明らかであるが、これ以上
100[V]溶接機のパワーは上げられない。そこでバッテリー溶接の登場だ。洗濯機絡みの大混乱で使えなくなって
いたバッテリーを、急遽結線して3個直列にして溶接棒をセット。肉団子の上からアークを飛ばすと、瞬時に
肉団子を巻き込んで溶かしてくれた。やはり溶接機はパワーが大事だ。このプレートを補強する直角合わせの部分
だけは、バッテリー溶接でやるしかないな。補強の溶接はまぁまぁ上手く行ったが、熱による変形でブラケット
が5mm狭くなってしまった。寸法が1mm狂っただけで、もうこのブラケットはシートレールにすんなりとは入ら
ない。2mm違ったら完全にアウトだ。パンタジャッキで修正するしかないな。いつもこの調整に苦労するのだ。
L字型金具にもナットを埋め込んで溶接、フランジナットはこのような場合に溶接し易くて助かる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR