BELL CUTE BC-R1




10年以上前に秋葉原の富士無線電機で見つけて購入した受信機がある。外見はベルコム(日本電業)のLS-20Xと
ほぼ同じ、50[MHz]帯の受信機で値段は1000円だった。LS-20XのようにサムホイールSWは付いていないので
PLLでは無い。だが当時の店員(今はいない)は、"PLLですよ"などとミエミエの大ウソをぶっこいていやがった。
おそらく水晶式で固定周波数の受信機だろう。店員のウソはスルーし、1000円と言う価格に釣られて購入した。
ケースを開けてみると受信用の水晶が1個だけ入っていた。使っている部品をよく見ると、10.7[MHz]のフィルター
や、FM復調にMC3357Pを使っている等、予想以上にしっかりとした作りだった。TS-660で送信して受信出来るか
チェックすると、53.11[MHz]でちゃんと受信出来た。完動品の6m受信機が1000円、これは大当たりである。
受信周波数が固定式というのは実用性に乏しいが、PLLにして送信部も作れば安価な6mのQRPトランシーバーが
作れそうだと思いつつ、10年以上も放置してしまった。オクで6mのオールモードポータブル機なんぞを入手していた
ので自作の熱意が失われてしまったというのもある。最近、また自作意欲がムクムクと頭を擡げて来たのでコイツも
復活させてみたくなったのだ。



この受信機を入手する何年も前に、秋月電子で売られていたPLLユニットを51[MHZ]用に改造してあった。
VCOの周波数を37.66[MHz]から40.30[MHz]に変更する為に、ミックスダウンの水晶を39.02[MHz]にする必要がある。
特注は高いので汎用の13.00[MHz]を3倍で発振させて調整したところドンピシャの周波数になった。送信用の水晶も
10.695[MHz]から10.7[MHz]に交換し、IFが10.7[MHz]で送受信周波数が51.00[MHz]~51.99[MHz]の100chPLLと
なった。この受信機とPLLユニットを使えば、小型軽量なバイク用の無線機が作れそうだな。PLLユニットは他にも
10mFM用に改造した物、6mSSB用に改造した物、無改造の物2つ、ジャンクCB機から外した金石舎のが1つ手元にある。
まだまだ遊べそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR