スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリング時の発電能力

VTのオルタネーターであるが、アイドリング時は負荷が85~95[W]までは充電状態を維持する事が判った。
ロービームのライトを点灯させている場合の消費電力は、ライト55[W]、ポジションライト16[W]、
ナンバー灯8[W]にメーターの照明電球が13.6[W]で合計92.6[W]でギリギリだ。これでブレーキをかけると
+23[W]で合計115.6[W]になりバッテリーは放電状態になる。さらにウインカーを作動させると断続的に46[W]
が加算されるのでバッテリーの放電電流はかなり大きくなりそうだ。
ここでウインカーとストップランプのLED化による節電効果を考えてみる。現在、私のVTの電球はヘッドライト
を除いて全てLEDにしてある。約240個のLEDを使っているが、全てを点灯させても14[W]しか消費しない。
14[W]というのはメーター内部の豆電球4個分に過ぎない。ヘッドライトと合計しても69[W]だから、バッテリー
は常に充電状態を維持できるのである。ウインカーとストップランプをLED化しておけば、停止時に一々ライト
を消す必要は無くなるのだ。支那産や容量の小さいバッテリーを使う場合、さらにそのバッテリーを長持ち
させたいならヘッドライト以外の電球をLED化するのが有効だろう。
ちなみにLEDは秋月電子のパーツを使ったので総額5000円で済んだ。市販のバイク用LEDバルブだと1個3000円
位するのでコストはかなり高くなる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。