スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度はステップワゴンのエアフィルターを流用



VTの走行距離が12万kmに達した。エアフィルターの交換時期 (2万kmごと)である。10万km走行時には
HONDAの四輪 "ロゴ"のフィルターを流用して取り付け、エンジンはスムーズな吹け上がりを取り戻した。
何せそれまで純正のフィルターを洗浄しながら使っていたのである。いくら洗浄しても、10万kmも使って
いたのでは詰まっていたに違いない。元々洗浄して再利用するようなモノてもないし。またロゴの
フィルターが入手出来れば簡単なのだが、いくつかカー用品店を探しても見つける事は出来なかった。
そこで今度はステップワゴンのフィルターを流用してみる。このフィルターは、VT純正の物より少し
小さいが、厚みは2倍近くあるので、フィルターの表面積は純正の1.5倍はありそうだ。ただ厚みが
増えたので、エアクリーナーボックス内に多少の加工が必要になる。ボックスの下側にある金網を手で
少し潰し、上側のエアダクトの端を少し切り落とす程度の加工でいい。ノコギリで切り落としてやれば
いいだろう。純正のフィルターはもうHONDAから出ないらしいし、出ても4000円ぐらいだったはず。
ステップワゴンのフィルターは、モノタロウで買えば1000円だ。スポンジのターボフィルターに換装
すると言う手もあるが、キャブセッティングの再調整が必要になりそうなのが怖い。

このフィルターはまだ完成していない。シール剤を塗布して気密性を確保し、ビスで固定すれば完成だ。

VTの掲示板でも見かけるが、エアフィルターの交換で困っている人は少なくないようだ。フィルターを
固定する方法が少し面倒だが、1度アルミのLアングル材を加工して取り付けてしまえば後は楽になる。
旧車を乗り続けるにはカネがかかったりと苦労が絶えないが、アイデア次第で出費を抑える事も
ある程度は可能なのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。