スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナックルガード左側も


左側のナックルガードも車体に仮設置して、ハンドルウェイトとFRP板で接続する。右側以上に
カウルとの干渉が大きかったので、ディスクグラインダーでハデに削る事となった。
大幅な形状の修正は避けられないが、FRPなのでその当たりの工作・造形は自由自在だから
何とでもなる。ここしばらく草加でも気温が低くなって、外ではFRPの成分であるポリエステル樹脂
が硬化しない。樹脂に硬化剤を混ぜて1時間経過したのに硬化しないのだ。そこで、拾った
布団乾燥機で温風を当ててやると、ものの15分でカチカチに硬化してくれた。ボロくて
汚いが便利なヤツだ、少しは掃除してやるか。
スポンサーサイト

形状決定


輪郭を削って整え、カウルに干渉しないよう形状を拡大して、表面を布ヤスリで磨いて
整えている。

ナックルガード成長中


ハンドル端に固定する為、ナックルガードとFRPのリングを長方形のFRP端材で固定して
全体の基本形状を確定した。側面からの風の巻き込みが予想されるので、側面の構造物
を作り込んで全体のバランスをチェックする。
この位しっかりと作り込めば、拳への風圧を防ぐ効果は高いだろう。防寒グローブを
装着していても、風圧を伴った走行風はグローブに浸透して来るのでその風圧を
除去するのが目的である。
また、防寒グローブ装着時にはブレーキレバーにグローブの指先が引っかかって
ブレーキング開始が遅れる可能性がある。その為ブレーキレバーには常に指二本がけで
走行しているのだが、指への冷気攻撃が厳しいのだ。
こんなナックルガードを付ければ恐ろしくかっこ悪いのは重々承知の上であるが、
指先の凍えからの解放や安全性の方が優先である。
表面や端の処理がまだなので、ディスクグラインダーでの研磨作業が残っている。

ナックルガードの基本形状を決定


ハンドルウェイトへの取り付け方法を変更し、車体に仮止めして全体の基本形状を確定する。
一旦基本形状が決定してしまえば.、その後の造形は室内で行うことが出来る。
プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。