大活躍、自作シーソーカッター



色々と工具類を作って来たが、最も使用頻度の高いのはこのシーソーカッターだ。ディスクグラインダーで鋼材を切るのに
重宝している。今回もL型のアングル鋼材を切り出すのに使った。厚さ3mm、1辺が25mmのアングル材をカットして、長さ130mm、
1辺を15mmにする。これを2つ組み合わせて溶接する事により頑丈な角パイプを作るのだ。リアキャリア2台分なので、8本
切らなければならない。計算してみると切った長さは2430mmに達した。直径が100mmの新品切断砥石を使ったが、作業が
終わったら直径は半分、51mmに磨耗している。これを手作業でやるのはキッツイなぁ。このカッターは作って本当によかった。
スポンサーサイト

自作スプリングコンプレッサー

DSCN0167.1

何年も前だが、VTのリアサスがオイル抜けを起こしてしまい、NSR250 (MC18)のリアサスを改造して取り付けた事があった。
どうしてもスプリングコンプレッサーが必要になったが、バイク用のはかなり高価だったので自作を試みた。最初は画像左のように
2×4の端材を使ったのだが、力のかかり具合がハンパないので不安になって作り直した。四輪用の安価なコンプレッサーを
オクで入手したが、スプリングにかける爪がバイクのサスには適合しない。ディスクグラインダーで削って何とか使えるようにし、
画像右のように2本でバランスを取る構成としてサスを分解することが出来た。ベースに2×4材を使ってしまったが、溶接機も
貧弱なモノを使ってた頃で溶接そのものに慣れていなかった。今ならこんな中途ハンパな工作はしないだろう。
今になって気になったので"自作 スプリングコンプレッサー"で検索してみると・・・まぁ出るわ出るわ。様々なアイデアで
自作されたコンプレッサーの多様さには驚かされる。自分のアイデアは貧弱だなぁーとあらためて思い知るのであった。
今ならストレートとかの工具屋でバイク用が3000円そこそこで手に入るが・・・やっぱり敢えて自作だな。

タイヤ交換用作業台を自作


ちょっと体調を崩してしまい、しばらく作業は出来ずにいましたが何とか回復して作業再開です。リアキャリアと同時に
タイヤ交換用の作業台を作ってみました。2×4材にジグソーで切り欠きを入れて組み合わせただけの簡単な工作です。
単純な構造だけど、使わない時は分解してしまっておけるので便利さは高いでしょう。そろそろVTのフロントが危ない
ようなので急遽作ることにしました。前回のタイヤ交換では、この作業台が無かったので交換作業にエラく苦労しました。
あとはタイヤレバーをかける場所の反対側のタイヤを潰して固定する機械があれば完璧です。油圧ジャッキで作った
パイプベンダーを応用して作って見ます。
プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR