パイプベンダーのリファイン



帰郷費用の足しにする為、VTZのリアキャリアを作らねばならん。ワシの技能では19mmφの鉄パイプをキレイに
曲げるのは、バーナーで炙っても困難だ。前回は車用のパンタグラフジャッキを使ったパイプベンダーを自作して
鉄パイプを曲げようと挑んだのだが、パンタジャッキでは曲げる力が不足して失敗してしまった。そこでモノタロウ
から6tの油圧ジャッキを購入、L型アングルを溶接で延長したりしてベンダーを作り直した。パイプに砂を詰め、
バーナーで熱してベンダーにかけるとキレイに曲がることは前回の実験で判っている。熱さなくてもキレイに曲がる
のがベンダーのはずなのだが、このヘッドで直角に近い角度に曲げると、19mmφのパイプにとって曲率半径が小さ過
ぎるのかも知れない。でもVTのリア周りの形状から、曲率半径を大きくする訳にも行かない。肉厚の薄いパイプも
使いたくない。面倒だがこのベンダー+ガソリンバーナーでキレイに曲げることを目指そう。
スポンサーサイト

やはりFRPの荷箱はいい。



旧式のバイク便用の荷箱が3つ、とある理由でタダで手に入れた。9月に北海道へ一時帰郷する予定であるが、
この荷箱つ1とサイドバッグで十分な積載量となるだろう。荷箱の場合、蓋の上にも荷物を積むことが可能で、
側面に荷物を括り付ける事も可能だから、荷箱の容量の1.5倍は積載能力があると見ていい。去年の帰郷では
キャンプ泊をするつもりもあったので、テントとアウトドアベッドも積んだが、今年はキャンプをするつもり
が無いので荷物も少なく済みそうだ。最近はエアバッグジャケットを装着してVTに乗ることが多いが、現在
使用しているリアボックスが小さくてヘルメットだけしか入らない。この荷箱を搭載すればジャケットだけ
ではなく、雨具に工具も積みっ放しにすることが出来る、かつてのバイク便時代そのままにだ。
プロフィール

gosho

Author:gosho


魔道改造の館 管理人gosho
のblogへようこそ
脳梗塞の後遺症で右腕に温度感覚
の異常が残り、常に右腕が熱く
感じられています
燃える右腕で熱い造形を目指す
オッサンここにあり。

最近はメインのHPは放置気味で
このblogばかり更新しています。

本当はこちらがメインのHP
魔道改造の館

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR